top of page
  • 執筆者の写真Hideaki Maki

少林寺拳法の「テイスト」

少林寺拳法の教え(哲学)、技術は武道の原点を感じさせ、人としての学びを感じさせる。

生涯教育としての少林寺拳法は感じるだけではダメである。


私たちは学びを生活の中に取り入れ、より良い質の高い暮らしを求めます。

ひとつのテイストとして、少林寺拳法では「鎮魂行」があります。


これは「座禅」と言われるもの。

座禅と少林寺拳法は切り離すことができませんし、単独ではなりたちません。


少林寺拳法の技術が「動禅」ならば、座禅(鎮魂行)は「静禅」と言われます。

座禅はいつでも、どこでもでき、比較的短い時間で完了するでしょう。


最初は意識の集中に戸惑います。

そんな時、数字を数えてみる、そんな時、結手している手が触れている皮膚感を味わってみたらいいでしょう。


あなたらしい、あなたを感じるでしょう。





閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この歳の護身術!

70歳を過ぎたから、求めてみたいことがある それは護身だ この術を知ることで肉体的に精神的に良好な生活が送れるのだ 若い頃は縄跳びで腓腹筋を鍛えたりしましたが、やっぱり歳をとるとジャンプ系がちょっと‼️ そう思い、ジャンプ系、反射系を月トレ、金トレ、土トレで行い 随分動きが戻る! でもいくらこれをやっても護身術じゃない。 護身術をやらなくちゃ!

護身術に特化したいと思い少林寺拳法をはじめた!

少林寺拳法は優れた武道だ。教え、技術、どれをとって申し分ない。当時は。。。 でも、時代に即した武道団体を目指すが故に、単なる武道やスポーツになり、私が目指した護身術とは程遠いものになってしまった。

土曜日の昼下がり。。

土曜日の昼からの稽古に「幸せ」を感じている。 そんなことで? ほかにないの? っていわれる。 私自身、稽古のほとんどはアドリブ。シンプル単純。 バカだから難しいことはわからない。 だから考えないようしている、、その辺は頭じゃなく身体にまかしている。 今はへ理屈を言うことも多い。 人の何倍も練習(隠れ練習)してきたので、少しの自信はある。口喧嘩でね。 昔から、闘争心に欠ける。人とぶつかるのがイヤな弱

Bình luận


bottom of page