top of page
  • 執筆者の写真Hideaki Maki

鹿内拳士、見事二段に。。


12月10日、守口市民体育館にて昇段試験が実施されました。我が支部から鹿内拳士が二段に挑戦されました。この日は学生大会と重なり受験者は少なく、慎重に審査されるという試験です。

少林寺拳法の試験制度は、受験にさいしてのレポート提出、そして当日の試験は学科試験から始まり、実技試験へと進みます。この実技試験では基本、受身、運歩法などから、組演武、抽出科目、剛法乱捕り、柔法乱捕りを経て、総合的に判断されます。しかし、学科試験、実技試験ともに合格点でなくてはなりません。

鹿内拳士は落ち着いた様子、試験に対する姿勢、そして基本に忠実な動きや技術、、、これらは今まで積み上げてきた稽古の成果。

二段合格おめでとうございます。

拳士一同


閲覧数:114回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この歳の護身術!

70歳を過ぎたから、求めてみたいことがある それは護身だ この術を知ることで肉体的に精神的に良好な生活が送れるのだ 若い頃は縄跳びで腓腹筋を鍛えたりしましたが、やっぱり歳をとるとジャンプ系がちょっと‼️ そう思い、ジャンプ系、反射系を月トレ、金トレ、土トレで行い 随分動きが戻る! でもいくらこれをやっても護身術じゃない。 護身術をやらなくちゃ!

護身術に特化したいと思い少林寺拳法をはじめた!

少林寺拳法は優れた武道だ。教え、技術、どれをとって申し分ない。当時は。。。 でも、時代に即した武道団体を目指すが故に、単なる武道やスポーツになり、私が目指した護身術とは程遠いものになってしまった。

土曜日の昼下がり。。

土曜日の昼からの稽古に「幸せ」を感じている。 そんなことで? ほかにないの? っていわれる。 私自身、稽古のほとんどはアドリブ。シンプル単純。 バカだから難しいことはわからない。 だから考えないようしている、、その辺は頭じゃなく身体にまかしている。 今はへ理屈を言うことも多い。 人の何倍も練習(隠れ練習)してきたので、少しの自信はある。口喧嘩でね。 昔から、闘争心に欠ける。人とぶつかるのがイヤな弱

bottom of page