top of page
  • 執筆者の写真Hideaki Maki

今日は冷たい雨だ!


秋、稽古するにはいい季節だ。でもいつも言ってることは、、、暑い、寒い稽古をすればするほど、この季節を稽古するにはいい季節だと思える。でも、、最後にはどうでもよくなる。

人間は都合のいい動物。言い訳するのも人間だけだし、メールでちょいちょいと書けば終わる。これ今風?。稽古はがむしゃらに突き進むだけ? 今風じゃない。 

どうすれば? 稽古は「いまできるときに」、「ひとのしないことを」、「ひとのできないくらい」する。そして、いま、今日生きてることを実感する。 

今日の稽古では、マインドフルネスの話をしました。昔からある日本の「禅の修養法」に似ている。

少林寺拳法では70年前からやっていることだ。私たちは今そこにあるものを忘れている。気付かなくなってしまっている、自分に恥じる。原点にもどらなくては。。。

今日は冷たい雨だ!


少林寺拳法では,基本練習と術科(技)の間,あるいは練習を終えてから,場合によっては練習を始める前に,適宜,片蓮華の座禅を組み,呼吸を整え,聖句などの教えを声に出して唱え,己の魂を鎮め,心を正します。

「少林寺拳法では,基本練習と術科(技)の間,あるいは練習を終えてから,場合によっては練習を始める前に,適宜,片蓮華の座禅を組み,呼吸を整え,聖句などの教えを声に出して唱え,己の魂を鎮め,心を正します。」


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大阪公立大学少林寺拳法部の味

先日、少林寺拳法部に参加させていただき、若い人たちのカッコいい姿を目の当たりにし、純粋にこの年齢になって心地よい刺激をうけました。 同年代が、少なくても同じ価値観で共通の学びができるのは、ここもそのひとつの場なんですね。 OBと現役の共存、それぞれにうまくマッチし、ミングリングできている。これが少林寺拳法の理想なのかもしれません。 OBと現役、そして地域の人々が共存すれば生涯学習の期待がもっともっ

この歳の護身術!

70歳を過ぎたから、求めてみたいことがある それは護身だ この術を知ることで肉体的に精神的に良好な生活が送れるのだ 若い頃は縄跳びで腓腹筋を鍛えたりしましたが、やっぱり歳をとるとジャンプ系がちょっと‼️ そう思い、ジャンプ系、反射系を月トレ、金トレ、土トレで行い 随分動きが戻る! でもいくらこれをやっても護身術じゃない。 護身術をやらなくちゃ!

護身術に特化したいと思い少林寺拳法をはじめた!

少林寺拳法は優れた武道だ。教え、技術、どれをとって申し分ない。当時は。。。 でも、時代に即した武道団体を目指すが故に、単なる武道やスポーツになり、私が目指した護身術とは程遠いものになってしまった。

bottom of page