top of page
  • 執筆者の写真Hideaki Maki

学科は何もの?


少林寺拳法の技術と同じぐらい学科は重要な修行である。

これをなくして何も語れない。これらを技術の中に溶け込ます。

例えば、カフェ・オ・レのように。。そこにエッセンスを加えれば、もっと美味しくなる。


このエッセンスが何かを本気で考える、物事の本質をね!?


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

土曜日の昼からの稽古に「幸せ」を感じている。 そんなことで? ほかにないの? っていわれる。 私自身、稽古のほとんどはアドリブ。シンプル単純。 バカだから難しいことはわからない。 だから考えないようしている、、その辺は頭じゃなく身体にまかしている。 今はへ理屈を言うことも多い。 人の何倍も練習(隠れ練習)してきたので、少しの自信はある。口喧嘩でね。 昔から、闘争心に欠ける。人とぶつかるのがイヤな弱

まもなく68歳。 60歳を過ぎて幼なじみや高校の友達から連絡が入るようになった。 そして、連れ3人と食事会、二度目の再会。 ほんとだったら飲み会になるはずが、ディナーになった!! いつものとおり思い出話に花が咲いた、前回と同じ内容が笑える。。 でも、正直、思い出話も半分しか記憶が蘇えらない、、、忘れてる!!

bottom of page